経験者に聞くSNSを利用した失敗しない婚活術

理想の相手を探すために

SNSを婚活に使う時の方法と注意点

どんな人物なのかわからないと、大抵はみんなに避けられます。 プロフィールがないと婚活が失敗するかもしれないので、プロフィールを書きましょう。 それが婚活を成功させるための方法だと、体験者が伝えています。 年齢や趣味を書くと、同世代の人や共通の趣味を持っている相手を見つけやすいです。

プロフィールを記入しよう

まずはSNSで、自分がどのような人物なのかアピールすることがポイントです。
性格や趣味、好きなことなどがわからないと、誰も興味を持ってくれません。
また怪しい人物だと思われる可能性があり、周囲から避けられてしまいます。
年齢や趣味といった大事な情報は隠さず、正直に伝えましょう。
この時に、嘘を書くのは厳禁です。
嘘をついて誰かと仲良くなれた場合でも、あとで嘘だとばれてトラブルに発展する場合があります。

仲良くなりたい人がいたら話しかけられるのを待たず、積極的に話しかけていきましょう。
待っている間に、相手が他の人と仲良くなってしまうかもしれません。
マナーを守って話しかけることで、相手は快く対応してくれます。
まだ親密な関係になっていない時は、趣味など当たり障りのないことを話しましょう。
いきなり年収や、結婚のことを聞くのは相手に失礼になります。
何度もメッセージを送り合い、仲良くなってから次の段階に進みましょう。

メッセージで何度もコミュニケーションを取った後は、実際に会う約束をするのが良い方法です。
これから結婚してともに過ごしていく相手ですから、やはりきちんと会ってから本当に自分に合うのか判断したいと思うものです。
実際に会うことで、イメージと異なっていたとわかるかもしれません。
その場合は残念ですが、断りの連絡を入れることになります。
また相手から断りのメッセージが来た場合は、快く受け入れましょう。
相手が嫌がっているのに、しつこく迫っては逆効果になってしまいます。

気になる人がいた場合

SNSで仲良くなりたい相手が見つかったら、こちらから話しかけてみてください。 マナーを守って礼儀正しく接していれば、トラブルはほとんど起こりません。 相手は、気軽に応えてくれると思います。 会話の内容に注意して、まずはメッセージでコミュニケーションを取りましょう。

最終的に会って決める

SNS上だけでは、相手のことを全て知るのは不可能です。 ステップとして親密な関係になったら、直接会ってみましょう。 その上で自分と相性が良いと思ったら、結婚に向けて話し合います。 しかし相手からイメージと違ったと言われた場合は、残念ですがお付き合いをやめて、別の相手を探すようにしてください。

TOPへ戻る